萩原 智

頭皮、毛髪にあったシャンプー選び。

今日のCOTONは朝から満席でした(^^)

 

スタイリストの渡辺は、

朝一のお客様を綺麗にさせて頂いてから、

人形町にある姉妹店Hyggeで行われていた、テクノエイトさんによるoggiottoの講習へ参加しておりました☆

 

今回はトリートメントの技術講習でしたが、

テクノエイトさんの出しているoggiottoのシャンプートリートメントシリーズはかなり人気です(^^)

そして、COTONで使用しているシャンプーで人気なものは、お客様はご存知だと思いますが、シノブシャンプーシリーズもかなり人気です☆

 

最近新たにシリーズの仲間入りした、

 

キュベシノブシャンプーfrais(フレ)。

 

image

めちゃくちゃ良い香りです^_^

こちらfrais(フレ)の特徴を少しまとめてみました☆

 

キュベシノブシャンプーフレの特徴

frais(フランス語で爽やかな、清々しいという意味)

◉界面活性剤の主剤◉

・ココイルメチルタウリンNa
低刺激で泡立ちもよく、穏やかに頭皮や髪の汚れを取るのに優れている

・ラウリン酸ポリグリセリル-10

優れた洗浄力を持ち気泡性が高いが、目や皮膚に対しての刺激性は低く洗い上がりが突っ張らず、水分やアミノ酸を奪いすぎない洗浄成分。アクネ菌やフケ菌(マラセチア菌)に対する抗菌力が期待できる。

この2種で脂漏性皮の皮脂を適度に落とし、更に脂性肌に起きがちなマラセチア菌(フケ菌)による脂性性皮膚炎に対するケアや予防も考えられている。
※脂性肌の方はマラセチア菌が繁殖しやすい環境の為、脂漏性皮膚炎になりやすい。

※ラウリン酸ポリグリセリル-10は洗顔フォームにも少量入っている。
※この二つだけでは洗い上がりが重いため軽さを出す為に、ラウレス硫酸Naが少量入っている。
ラウレス硫酸Naが入っているからといって、髪に悪いシャンプーというわけではなく、シャンプーは数種類の界面活性剤から成り立っているため、バランスが大切。
※一つの界面活性剤でシャンプーを判断しない事。
※洗浄力がありながら、カラーの退色防止、毛髪の収まりをよくする為に、ココイル加水分解ケラチンKを配合している(プレミアムシャンプーにも配合されている成分)

◉香りについて◉

・キュベシノブシャンプーfraisの香りは、
ANANYA(アニーニャ)という香りを参考に作られた。

・プルートス効果も考えられている。
※プルートス効果とは→香りを嗅ぐ事によ  り、その時の記憶感情が蘇る事。

・甘過ぎず、華やか過ぎず、セクシー過ぎず。

・女子向けの香り。

 

この様な感じです☆

 

僕はこの1カ月このフレでシャンプー、してみてますが、細毛軟毛の為張りコシがなく根元のボリュームが出ないのですが、

このfraisは軽い仕上がりなので、根元の立ち上がりがふわっとします^_^

かなり強めのパーマをかけている僕ですが、

毛先の絡みも余りありません。

おまけに肌は脂性肌の為、顔に吹き出物がよくできる為、

洗顔でも使ってみてますがなかなか良いです!!

 

さっぱりですが、無駄に油分を取りすぎず(^.^)

 

 

 

COTONで扱っているシャンプーはどれも良い商品ですが、万人にそれが良いというわけではありません。

 

大切なのは、

肌の状態、髪質、ダメージにあったシャンプー選びをする事です。

 

自分にあったシャンプーがどういうものなのが?

 

中々ドラックストアで自分で選ぶのは大変です。

 

自らの頭皮の状態、ダメージの状態を考慮し、選ぶシャンプー。

 

プロである美容師に一度ご相談くださいませ(^^)

 

僕は基本的に市販のシャンプーを進める事は無いのですが、COTONで扱っているシャンプーの中から一番合うシャンプーをご提案させて頂きます。

 

という事で、

 

シャンプー選びについてでした〜。

 

 

新しく入ったfrais。

気になった方は是非お声がけください!!

 

 

image

 

COTON   hagiwara

 

 

 

この記事を書いた人

萩原 智
萩原 智
COTONというプライベート空間を通して日々の生活にゆとりが持てたり、毎日のスタイリングが楽しくなるヘアスタイル提案など、ライフスタイルに合わせた技術接客を心がけています。髪をきれいに保ちつつ、デザインも楽しんで頂ければと思います。