萩原 智

サロンカラーとセルフカラーの違い。


(^^)


COTONにいらっしゃるお客様で、

ご相談が多いのは白髪染めについて。

 

早い方で20代から。

30代を過ぎると増えてくる白髪。

 

image

1ヶ月ちょっとすると根元がうっすら白くなる。。

 

サロンには行ったばかりだし、

 

今回は自宅で染めてみようか。。

 

こういうケースが多いかと思います。

 

そして自宅でカラーをやる場合、

薬局やスーパーで売っている千円前後のカラー剤を使われると思います。

 

市販のカラーは沢山種類もあり、

 

安く、

 

素敵な女優さんがCMされている商品がほとんど。

 

セルフカラーは痛みそうだけど、

ちょっと使ってみようかな?

 

 

こんな感じで、

 

 

自分で染めてしまう方も多いです。

 

 

そして、

 

結果は、

 

それなりに染まるんです。。

 

最近のカラー剤。

 

ここでお客様が感じる事は、

 

 

千円前後でこれだけ染まってれば満足!!

 

ここで気になるのは、

 

 

色味や、ダメージは置いといて、

 

 

 

染まっていれば満足!!

image

という事。

 

 

応急処置としてセルフカラーをやられているので、染まっていればオッケーという感覚です。

 

 

しか〜し!!!!

 

 

その後が怖いのです。。

 

 

市販のカラーを安易に繰り返すと危険な所。

 

⓵アルカリが残留する。

これはどういうことかというと、

カラー剤の中にはキューティクル(毛の表面のヒダの様なもの)を開くためのアルカリが入っております。

主にサロンカラーの場合は、アンモニアを使用している商材が多いです。

アンモニアは揮発性が高く、髪の内部に残りにくいのです。

しかし、

臭い。

ツンとくる。

髪にとっては良いのですが、サロンでカラーをする時にツンとくるのはこのせいです。。

 

そしてホームカラーはというと、

モノエタノールアミンという、揮発しにくい物質が使われております。

 

最初は低いアルカリ度が、

時間が経つほどアルカリ度が高くなり、髪に残留しやすいのです。

 

アルカリが髪に残るとなぜ悪いのか?

 

キューティクルが開きっぱなしになり、

油分や水分が垂れ流し状態に。。

 

トリートメントしたとしても、すぐに流れてしまいます。。

そして、パサパサに。。

COTONのサロンカラーの場合は、

アルカリが髪に残りにくい商材を使いつつ、

シャンプー後に、

アルカリを更に取り除く薬をカラーをされたお客様には必ずやっております。

この行程はかなり大切な事なのです。

 

⓶2剤の違い。

ホームカラーでも、多くは1剤と2剤二つを混ぜて薬を作るものが多いと思います。

 

サロンカラーも同じなのですが、

2剤は過酸化水素というものを使います。

 

この濃度が大切なのです。

 

ホームカラーの場合は6%のみ。

 

サロンカラーの場合は6%〜2.4%まであります。(COTONでは。)

 

基本的には2剤は脱色力や過色のパワーを調節する薬剤。

 

サロンカラーでは求める色や明るさに対して、根元と毛先の薬剤を2つ作り、塗り分けます。(パワーや色味を変えて)

 

しかしホームカラーの場合は、

6%のみなので最大パワーで、

毛先のダメージ部分にも一回で塗布。

この塗り方では、

既に明るくなっている毛先にまで、

 

脱色が行われてしまうのです。

 

塗り分けをするというのは、とても大切な事なのです。

 

 

そして、最後に。

 

求める色。

 

市販のカラーの裏側にあるカラーの色見本。

 

大体があの色にはなりません。

これ本当です。

 

染める前のベースの明るさ、髪質、色の残留具合が人それぞれ違うからです。

 

始まりが一緒でないのに、その上から色をのせても同じになるはずがないのです。

 

市販のカラーは補色を使ったり、

ブラウン味を調整したり、

色味を調整したりできないのです。

 

長くなって申しわけないですが、

 

 

これが、事実なのです。

 

 

ですので、ホームカラー後のパーマを、やる場合は正直お断りする事が多いです。

 

綺麗にかかりませんし、

思う以上に内部はボロボロな事が多いです。

 

こういったリスクを踏まえて応急処置としてのホームカラーと考えて行きましょう(^^)

 

ホームカラーをされる際のアドバイスとしては、(どうしても染めなければならない時)

根元のみや、顔まわりのみ。

毛先にはつけない事をお勧めします!!

 

薬剤を塗る前にトリートメントを毛先につけて保護しておくとかがオススメです。

 

という事で、

 

ホームカラーなについてわからない事がある際はご相談頂ければと思います。

 

image

 

COTON  hagiwara

 

__________________________________  COTON  予約

COTON LINE@

COTON  market

姉妹店Hygge

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

萩原 智
萩原 智
COTONというプライベート空間を通して日々の生活にゆとりが持てたり、毎日のスタイリングが楽しくなるヘアスタイル提案など、ライフスタイルに合わせた技術接客を心がけています。髪をきれいに保ちつつ、デザインも楽しんで頂ければと思います。