【7月のお手入れ・よくあるお悩みを解決*】

2020年07月01日
日高 真紀子

梅雨の期間中、すっきりしないお天気が続きますが、あっという間に夏に突入しそうですね☀️

近年は温暖化の影響により、最高気温が35度以上を超える猛暑日も普通になってきました。

そんな夏ならではのヘアケアのお悩みについてアドバイスができればと思います!

 

サロンワークでお客様に一つ一つお伝えするにはなかなかたくさんの情報がありお伝えしきれないこともあるので、お悩みがある方は要チェックしてみてください✨

 

Q.頭皮が臭う気がするのですが原因は何?

A.夏は頭皮の皮脂分泌が最も増える季節です。それに加え汗もかくので、頭臭の原因になります。
夏は皮脂の分泌が一年の中で一番増える時期です。また、汗もかくので、皮脂と汗が混じりあい毛穴にこびり付きやすくなります。
その皮脂が酸化することで臭います!
酸化してこびりついた皮脂は、毎日のシャンプーにクレンジングシャンプーを使用したり、スキャルプブラシでシャンプーすることで、しっかりと除去します。また、暑いですがドライヤーでしっかり頭皮を乾かしてあげることも頭臭を予防できるのです。
COTONでは、シャンプー前に必ず頭皮クレンジングを行ってケアをさせて頂いています。
ご自分ではケアが行き届かず、酸化汚れになってしまったものを専用のクレンジングジェルとマッサージで浮かせ流します。
これが実はとっても大切なんです!
また、定期的にヘッドスパを行うこともとてもおすすめです。
(約1ヶ月から2ヶ月以内の周期がおすすめ)

Q.ヘアカラーの退色が早い気がします。

A.紫外線によりヘアカラーが退色しやすいです。
夏の強い紫外線により、髪の毛の表面を覆うキューティクルがはがれやすくなり、そこから紫外線が内部に入りメラニン色素を分解しやすく、ヘアカラーの色素が抜けやすくなるために起こります。
よく、表面が特に色が明るく抜けやすい方は紫外線が大きな原因かもしれません!

日焼け止めクリームを肌に塗って予防するように、髪の毛用のUVスプレーやクリームで髪の毛を保護してあげることで、退色を防ぐことが可能です。

COTONでもお取り扱いがありますので担当者にご相談してみてください*

 

Q.湿気で髪の毛が広がるのが気になるのですが、解消法は?

A.ヘアケアの方法の改善、定期的なサロントリートメントやクセの強い方は縮毛矯正などで解消。
梅雨から夏にかけて湿気がピークになります。くせ毛の人は特に大敵となる湿気!
髪の内部に水分が入ることで髪が膨張し、髪の毛が広がるのです。
油分の多いトリートメントやアウトバストリートメントで髪の内部補修をしっかりしてあげることで予防できます。ドライヤーで完全ドライすることも重要です。
私は猫っ毛で、この時期はふわふわーっと表面がしてしまってまとまらないので思い切ってパーマスタイルにしていますので、それもオススメです✨

スタイリングが難しい…という方にも丁寧にアドバイスさせて頂きます!

Q.暑さの影響かシャンプーしてもすっきりしません。

A:メントール配合のクールシャンプーの使用やアロマオイル(ミント)を活用!
夏の暑さによりシャンプーしてもスッキリしないという方が多いです。そんな時にはメントール配合のクールシャンプーがおすすめです。最近では女性用のものも多く発売されていて、髪の毛もいたわりながら頭皮ケアできるシャンプーもあるので、ぜひ試してみてください。また、純度の高いアロマオイルであれば、ミントを一滴💧シャンプーに混ぜても効果的です!
血液循環が良くなり血行促進にもなるので、エアコンによる冷えや乾燥が気になる方にオススメです🌱✨

暑いからといってドライヤーで乾かさないのは絶対にNG!!頭皮や髪の毛を乾かさないとトラブルの原因にもなるので、夏でもしっかり乾かしましょう。

いかがでしょうか?!
これから暑くなるにつれて増える悩み、当てはまるものはありましたか??😊
もし他にも何か気になる事があればご来店の際にぜひご相談ください。
では、夏のお手入れも頑張りましょ〜🌼🌼🌼
Makiko Hidaka